フードアナリストとは?

レストランの料理や店舗の雰囲気などを、理路整然と評価・分析できる能力があることを示す資格です。


▼資格の概要
フードサービスの評価・分析を行うスペシャリストであることを認定する資格です。お店の料理、サービス、内装などを、適切に評価し、情報発信する能力が求められます。
 
▼対象とする人
食育全般というよりも、フードサービスに興味がある方に向いています。フードサービスに従事している方にもオススメです。
 
▼メリット
フードアナリスト」を名乗って、最新のレストラン、食文化、食のトレンドなどの情報を発信することができます。


今注目の資格フードアナリスト®、フードアナリスト®はあらゆる角度から食に関する知識を体系的に学び、普段何気なく接する個別の食材や最新のレストラン、食文化、食のトレンド情報など、食の魅力や感動を知ることができます。食をあらゆる角度から勉強したフードアナリストは今まで知らなかった食の知識を身につけるだけでなく食のあらゆるシーンで活躍しています。
資格の取得は4級からスタートします。最上級資格であるフードアナリスト1級では、高いレベルのテイスティング能力が求められます。 味覚テストに合格し、「どんな味がするか」ということを、フードアナリスト®1級では正確に把握して表現ができなければなりません。 
現在全国で約12000人のフードアナリスト®が誕生しています。



食・食文化に関わる知識を体系的に学び、単に味覚だけでなく、食育、栄養学、レストランの内装・サービスや料理の歴史・食に関する法律・マーケティングまで、総合的に段階的に学び、レストランそのものから食品・食材を分析・評価する知識と教養を身につけた、食・食空間を分析・評価する専門家です。レストランや料理飲食店に行って、利用者の立場で実際に飲食サービスを受け、料理の評価だけでなく、サービス、安全性、雰囲気を総合的に評価し、格付けをしたり、推奨飲食店を主にインターネット上で公開します。その他、新商品や食品のモニタリングをして実際に使用した評価レポートなどをブログなどのメディアに掲載していきます。 
1級講座では、繊細な味覚の特徴や違いも、味覚テストを通じ体験していきます。 
フードアナリスト®として学ぶ食の分野は、大変幅広く、食の専門学校や大学で学ぶカリキュラムでもなかなか学べない幅の広いものです。 生産者と消費者をつなぐ幅広い知識を身につけたフードアナリスト®には、食に関する様々な分野での活躍が期待されています。 
現在、ショッピングセンターのプロデュースや大手食品会社の商品開発・販促プロモーションのアドバイス、飲食店のサービス改善に必要なミステリーショッパーや、雑誌・専門誌での記事の執筆、カルチャーセンターでの講師等活躍の場が広がっています。 
食の専門家であり消費者サイドの視点を身につけたフードアナリスト®には多くの分野で注目されています。 現在、食に興味のある方から、食にかかわる専門の方まで幅広く学習されています。
フードアナリスト®は消費者目線でレストランや食材、食品にアプローチする「知識」「教養」「マナー」を持った「食の専門家」の資格です。
特に「個別のレストランや食材、食品」についての歴史、背景、独自性、比較、評判やトレンドなどを総合的に解説できるところに特徴があります。
一定のルールに従ってレストランや食材、食品を調査して中立・公正な立場から評価レポートを作成することもフードアナリスト®の重要な仕事です。

「個別のレストランや食材、食品」についての歴史、背景、独自性、比較、評判やトレンドなどを総合的に解説できるところにフードアナリスト®の専門性があります。 今まではガイドブックや雑誌のレストランコーナー、食材紹介、食品レポートなどを読んで断片的に知るしかなかった知識を、裏づけとなる基礎的な知識や教養を体系的に習得した上で、フードアナリスト®の敏感な情報網や鋭い観察力や、瑞々しい感性で深く洞察して、豊かな表現力で「わかりやすく」解説します。