リモンチェッロとは?

f:id:gourmetgourmetgourmet:20160429015758g:image
リモンチェッロとは南イタリアのアマルフィー海岸、ソレント半島、カプリ島付近一帯の伝統的食後酒で、アルコール度数が通常30度以上と高く、甘く、地中海のレモンの芳香が楽しめるリキュールである。
元々は各家庭が庭のレモンをとってはアルコールに漬け込んで常備する日本の梅酒的存在であったが、この地が有数の観光地であった為訪れる北イタリアや他のヨーロッパの人々が滞在中にリモンチェッロの味を覚え、ヴァカンスが終わり家に戻って地元のお酒屋さんに尋ねるがどこにも売っていない、送ってもらえないだろうか、との手紙や電話が当時少なかったこの地の生産者に寄せられることになり、火がついて全国的にひろまり、今日ではイタリア中どこへ行ってもレストランやバール、スーパーでみかけるようになった。
因みに、日本でリモンチェロとか、レモンチェッロ等と紹介されているのを見かけるが、正しくはリモンチェッロと発音する。

全国的にブームになると雨後の筍のように生産者が現れ、果てには北イタリアでグラッパを作っていたところ迄がリモンチェッロを売り出すようになった。イタリアでのブームを受けて近年日本にも入ってきているが、玉石混交状態なので、商品の見分け方について少々触れてみたい。
現状リモンチェッロは大きく分けてつのカテゴリーに分類できる。まずは天然もの香料/着色料を使用した工業製品タイプに大別できる。
Aromi Naturali(香料)とかcolorante(着色料)という言葉をボトルのラベルに見かけたら香料/着色料使用タイプである。
次に天然物も二つのタイプに分類できる。
いわゆる本場物とそうでないものである。本場物とは冒頭に述べた地域で生産されているものであるが、この地域のレモンは我々のレモンとは似て非なるものだと思って頂いたほうがわかりやすい。
リモンチェロのブームに感化されて、レモンを産出する他の地域、例えばシチリアカラブリア等で地場のレモンで作ってLimoncelloとして売り出しているが、実は本場アマルフィソレントのレモンはシチリアレモンとは“別物”なのである。

f:id:gourmetgourmetgourmet:20160429015421j:image
カンパーニアのソッレント(ソレント)などで栽培されているのが、リモンチェッロの原料になるオヴァーレ・ディ・ソッレントという品種。
香りのエッセンスを含む油が皮にたくさん含まれています。


イタリアには食事の後でアルコールの強いお酒を飲んで食事を締めくくる食後酒(digestivo/liquore)の習慣がある。
リモンチェッロはイタリアではグラッパ同様食後酒と認識される。冷凍庫でキンキンに冷やしたもの(アルコール度数が高い為凍ることは無い)をリキュールグラス等で少量キュッと頂く。
食後酒はdigestivoと呼ばれる位なので,タリア人は消化を助けると考えているようである。真偽の程はよくわからないが、パスタやメインをたらふく頂いた後にキンキンのリモンチェッロを頂くと、確かにすっきりする。特に魚料理の後など生臭さをレモンの香と強いアルコールが一気にかき消してくれる。
昼食の後ならこのままお昼寝になだれ込むのが最も幸せな飲み方である。日本ならさしずめナイトキャップといったところだろうか。もっともお膝元の南イタリアでは、食後に限らず昼日中でも来客に振る舞ってもてなしたりもしている。
日本でもこれだけ本格的なイタリアンが充実してきたので、食後酒というものがもう少し注目されてもよいように思うのだが、日本には食後に強いお酒を飲む習慣がないので難しいらしい。日本ではカクテルにした方がどうも馴染みやすいらしい。お勧めのカクテルは白ワインで割る、スプマンテで割る、さらにそこにカンパリを少量落とす、ミルクで割るとカルーアミルク的な面白いカクテルができる、勿論ソーダで割ることもできる。食にルールは無いとは思うが、あくまで正当イタリアンを貫きたい方はこの際是非、食後酒の楽しみ方を味わって頂きたい。