ダークラムとは?

ラム酒には色による分類と、味や香りの強さによる分類と、原料別製法による分類があります。

まず見た目では、「ホワイト・シルバー」「ゴールド」「ダーク」に分かれます。

「ホワイトラム」は別名シルバーラムとも呼ばれ、その名の通り無色透明なラムを指します。
内側を焼いていない樽で貯蔵後、活性炭を使い色と香りを取り除いたタイプと、蒸溜・割り水後、タンク熟成させるタイプがあります。
さとうきび」や「糖蜜」といった素材の味が、自然なまま味わうことができるタイプのラムです。

次に「ゴールドラム」は、カラメルなどで着色したり、ダークとホワイトを混ぜたりするため、ウイスキーに似た色合いのラム酒です。 
果実やハーブなどの香りをつけたフレーバー・ラムによく見られるタイプで、別名「アンバー・ラム」ともいいます。

最後に「ダークラム」は、蒸溜した原酒を、内面を焦がした樽で3年以上貯蔵するため、樽からの独特な香味成分が出て濃褐色になるのが特徴です。
濃褐色のラムはジャマイカ産に多くみられ、特に有名なのが「マイヤーズ」です。
マイタイというカクテルには欠かせないラム酒ですね。

味や香りでは「ライト」「ミディアム」「ヘビー」に分かれます。
この違いは、ラム酒を造る製造方法から生まれるのですが、味わいは熟成度合いで大きく変わり、着色によっても色が変わりますので、深い味わいのものもあれば、軽いものもあります。
簡単に言いますと、多くのホワイトラムとゴールドラムは味わいではライトラムになり、ダークラムはミディアムなものとヘビーなものになります。

原料別製法による分類は、原材料であるさとうきびをどのように加工していくかで2タイプのラムに生まれ変わります。
ゴールドラムの場合はほとんどホワイトラムと同じで、さとうきびから砂糖を作る際に出る糖蜜というものを使います(インダストリアル製法)。
色は着色もしくはホワイトとダークを合わせて(ワインのロゼのように)作られるものもあります。
そして、サトウキビの搾り汁から砂糖を精製せずに、搾り汁を直接、原料として醸造した製法がありますが、全世界的にもラム酒の総生産量の3%ほどしかありません(アグリコール製法)。