ブランデーとは?

本来のブランデーは、ぶどうを発酵、蒸留したお酒の名称として使われていました。
しかし、現在ではぶどう以外の果物を使用、蒸留されたお酒もブランデーと総称されています。
有名な物では「カルヴァドス」と呼ばれるりんごを原料にしたお酒などがあります。

それ以外の果物では、洋梨、さくらんぼ、ベリーなどが原料として使用される事が多いです。
ブランデーは、各国で生産されいますが、生産量から見るとフランスが中心と言えるでしょう。


■様々なブランデーの活用方法とは

【お肉の香り付け】
お肉を焼く時にブランデーを使えば、肉の臭みを飛ばしてくれます。また、ブランデーの香り付けをする事で味に深みがでます。

【メロンなど果物のシロップ】
元々、果物が原料なので相性が悪いはずがありません。
メロンや焼いたバナナの香り付けにもなり、上品な味わいが楽しめます。

【アイスのシロップ】
バニラアイスなどのシロップとしても相性抜群です!!
高級感溢れる大人なアイスを味わう事ができます。

ブランデーの豊かな香りを楽しむ事ができる大人なケーキに早変わりです! 華やかな風味を堪能して下さい。