合鴨とは?

f:id:gourmetgourmetgourmet:20160503160807j:image

ガンガモ科マガモ
真鴨アヒル交配雑種で、ナキアヒルとも言います。アヒルは真鴨を家禽化したものです。
しかしながら、日本の市場ではこの両方を合鴨と称して販売していることが多く、現在合鴨として流通しているほとんどはアヒルです。合鴨は少々野性味が濃いので、クセの少ないアヒルが合鴨の名で出回っているのです。

肉は鶏肉に似ているが脂肪が多く、柔らかで味が良いのが特徴です。抱き身と呼ばれる胸肉の部分が食用とされ、料理もこの部位を使うものが多いです。