パッタイとは?

f:id:gourmetgourmetgourmet:20160503210340j:image

f:id:gourmetgourmetgourmet:20160503210511j:image
中央:センレック、海老
右下から時計回りに:塩漬け大根、豆腐、にんにく、もやし、赤小玉ねぎ、ナンプラー、卵、タマリンドの汁、パームシュガー、ピーナッツ

f:id:gourmetgourmetgourmet:20160503211443j:image


パッタイ とは、タイで作られる焼きそばのことです。タイ料理なのにまったく辛くありません。
米粉でできたやや太めのビーフンを使用して作ります。
パッは「炒める」、タイはタイ王国のことです。


タイ料理の代表格ですが実はこのパッタイは歴史的にはそれほど古いものではなく、第2次世界大戦当時の首相が国民に紹介したのがきっかけで広まりました。
今では、バックパッカーが集まるカオサン通りで10B前後で売られてるかと思えば、何と500Bもする巨大海老付きパッタイなるものを出す料理屋もあります。