チャナ豆とは?

f:id:gourmetgourmetgourmet:20160503221027j:image

f:id:gourmetgourmetgourmet:20160503222901j:image
チャナ豆のカレー

日本ではひよこ豆と呼ばれる、文字通りひよこの様な形をした豆のことです。エジプト豆とも呼ばれます。また、スペイン語では、ガンバルゾといいます。

チャナ豆は、ヨーロッパアフリカの地中海沿岸諸国トルコエジプトなどの中東諸国、インドなどの南西アジア諸国ではよく利用されている食材で、日本でも近年エスニック料理店をはじめ水煮缶詰やレトルト食品などで見かけるようになりました。煮物やサラダで使ったことのある人も多いことでしょう。

チャナ豆をよく食べる国というイメージの強いインドでは「ダール」と呼ばれる豆料理によく用いられいるほか、ベサン粉と呼ばれるチャナ豆の粉でパンや麺を作ったり、揚げ物の衣にも利用されています。近年はグルテンフリー粉としてアレルギーの方やグルテンフリーダイエットを行う方にも広く用いられています。

そのほかに欧米ではサラダ豆として、中東ではフムスと呼ばれるペースト状のディップ料理に、フィリピンでは甘く煮てハロハロのトッピングにと地域によって様々な形で食されています。
日本ではひよこ豆肌色のイメージがありますが、インドなどで栽培されている「デシ」という種類にはなど色々な色のものがあります。


チャナ豆の原産地はトルコ南部と考えられています。
栽培・食用の歴史は非常に古く、最古の記録としては7500年前のトルコ(ハジュラル遺跡)とされています。紀元前4000年頃には地中海一帯栽培が行われるようになり、インドには紀元前2000年頃に伝播したと考えられています。

日本の気候はチャナ豆栽培に適さないため輸入品がほとんどであったことなどから、20世紀末まで日本ではほとんど食されない存在でした。
しかし、エスニック料理ブームなどから徐々に需要が高まり、下処理のいらない缶詰などの加工品も増え、カレーやスープ、サラダの食材として近年は家庭でも用いられる食材になっています。