ハロハロとは?

f:id:gourmetgourmetgourmet:20160503230159j:image
チョーキンのハロハロ

f:id:gourmetgourmetgourmet:20160503230213j:image
チョーキンのハロハロ

f:id:gourmetgourmetgourmet:20160503231005j:image
ニューナナイズのハロハロ

f:id:gourmetgourmetgourmet:20160503231123j:image
混ぜた後のニューナナイズのハロハロ


ハロハロ (Halo-halo)とはフィリピンのデザートである。日本で言うところのパフェやサンデーに相当する。
ハロとはタガログ語で「混ざる」という意味で、ハロハロと続けると「混ぜこぜにする」という意味に転じる。その名の通りかき氷ミルクをベースとして、各種の果物甘く煮た豆や芋類アイスクリームゼリーナタデココタピオカココナツプリン米やトウモロコシの加工品など、多種多様な材料が用いられる。

食べ方は簡単。その名の通り、全部の具を混ぜこぜにして食べるのだ。アイスクリームも小豆ペーストもどんどん形をとどめなくなり、氷入りの薄い紫色の液体になっていく。元の形が想像できなくなったら、食べごろだ。
つまり、食感の異なる色んな甘いものとかき氷を混ぜながら食べ、最後はジュースのように飲むこともできるデザートなのである。

フィリピンではとてもポピュラーなおやつで、レストランには必ずあるメニューだし、夏になるとハロハロ専門の屋台があちこちに出るが、家庭で作ることはない。