土佐ジローとは?

f:id:gourmetgourmetgourmet:20160507090036j:image

f:id:gourmetgourmetgourmet:20160507090143j:image
モモ、ムネ、ササミ

f:id:gourmetgourmetgourmet:20160507090317j:image


高知県畜産試験場20数年に渡り、どこにも負けない特産鶏を生み出すため研究開発を重ねてきた結果生まれた卵肉兼用品種で、高知県特産の土佐地鶏の雄と、アメリカ原産のロードアイランドレッドの雌を交配して作られた一代雑種の鶏です。
土佐地鶏の特徴を受け継いでおり、体重は1.3 - 1.5Kg比較的小柄の鶏です。

土佐ジローの最大の特徴は高知の自然を生かした飼育方法です。
野生の外敵を防ぐ程度に造られた高知県北川村の飼育小屋は、1羽あたり5平方メートル以上の広さがあり、南国土佐の太陽が降り注ぎ、大自然が生む爽やかな風が通り抜ける心地の良い環境。
自然なままの土の上で、土佐ジローはのびのびと駆け回っています。土佐ジローは普通の鶏に比べるととても元気。驚異的な飛行力を持っていて、傾斜を利用すればば70~90も軽々と飛びます。

そして、土佐ジローに与えるエサも自然なものばかり。土佐ジロー飼育研究会ではPHF非遺伝子組換とうもろこしがベースの土佐ジロー専用飼料をベースに、カボチャなどの緑黄色野菜も与え、飲み水もすぐそばを流れる谷川の水を引いています。私たち人間にとって安全なものを、土佐ジローにも与えているのです。

こうした自然に近い生活の中で生まれる土佐ジローの卵と肉は、とにかく味が濃厚!特に土佐ジローのは、一般的な卵に比べると小型ながら黄身の濃さ甘味美味しさは最高。
雄と雌を一緒に飼育しているので、生まれた卵は全てが有精卵で、一口味わっただけですぐに違いが実感できます。