マルアジとは?

f:id:gourmetgourmetgourmet:20160507191922j:image

顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科ムロアジ

一般に似たような魚を筒切りにした断面の違いから、ヒラとかマルで呼称します。サバは、マサバをヒラサバ、ゴマサバをマルサバと呼びます。鯵(アジ)はどうでしょうか、ヒラアジとマルアジと呼ばれるものがいます。これは、マサバとゴマサバというサバ属の関係ではなく、ヒラアジはマアジの地方名ですが、一般にはギンガメアジ属の総称です。マルアジはムロアジ属の仲間です。マアジはマアジ属となります。

同属ではないものの、姿や形が酷似していることから、マアジに比べて、断面が丸いことからマルアジが和名として使われています。さて、マアジとマルアジはどのように見分けるのでしょうか、体高が高く、ゼイゴの呼ばれる側線にみられる稜鱗(リョウリン)は荒く大きいのがマアジで、体が細長く、ゼイゴが細かく小さいのがマルアジですが、これを感覚で見分けられるようになるには、多くの経験値が必要です。