萩の月とは?

f:id:gourmetgourmetgourmet:20160510075429j:image

f:id:gourmetgourmetgourmet:20160510075641j:image


正式名称は『仙台銘菓「萩の月』。
1979年(昭和54年)9月から菓匠三全宮城県仙台市)が販売しているカスタードクリームカステラ生地で包んだ饅頭型のお菓子のことです。

モチーフはの咲き乱れる宮城野の空にぽっかり浮かぶ名月
まろやかでやさしい風味のオリジナルカスタードクリームをたっぷり使い、ふんわりとした高級カステラで包んでいます。

明治初期誕生の笹かまぼこや昭和20年代誕生の仙台牛タンと並び、昭和50年代誕生と歴史が浅いながら仙台土産の定番になっています。
業界紙がアンケートをもとに選んだ「20世紀を代表する土産品」では、北海道の白い恋人、福岡県の辛子明太子に次いで、宮城県萩の月全国3位になった。現在では宮城県外の店舗でも販売され、1日あたり10万個が製造・販売されています。

菓匠三全は1970年に伊達騒動を描いたNHK大河ドラマ樅ノ木は残った』の放送により観光客が増加していた宮城県で土産品に新規参入することを決意し、バウムクーヘンをもとに新商品「仙台銘菓 伊達絵巻」を開発しました。仙台空港での販売が始まると売り上げを伸ばし、デパートや鉄道弘済会での取り扱いも始まって仙台土産としての地位を確立。
そして、「伊達絵巻」の成功を機に同社は直営店展開も始め、品揃え拡充のために新商品開発にも取り掛かりました。
当時、洋菓子店で一番売れている商品はシュークリームであり、贈答品として人気があるのはカステラであると同社は分析し、両者を組み合わせた「萩の月」を開発。日本航空機内菓子として採用され人気になりました。
その後、三菱瓦斯化学との3年以上にわたる共同研究の結果、脱酸素剤「エージレス」が完成し、保存料なしでも日持ちする土産品になりました。また、松任谷由実がラジオ番組内で「萩の月」を絶賛したことがきっかけで一般にブレイクしたとも言われています。

萩の月」の知名度が上がるにつれ、日本各地で模倣品が発売されるようになり、現在は菓子の1つのジャンルになりつつある。模倣品の商品名は、萩の月へのオマージュからか、「」が名称に含まれる例が多い。