イタヤガイとは?

f:id:gourmetgourmetgourmet:20160510225017j:image
イタヤガイ

f:id:gourmetgourmetgourmet:20160510225023j:image
イタヤガイのお造り


イタヤ貝とは、
イタヤガイ科二枚貝のことです。

左側の殻が平らで、板屋根のようなのが名前の由来になっています。
また、右側の殻は丸く膨らんでおり、昔は右側の丸まった殻を利用して柄杓を作ったことから「ひしゃく貝」とも呼ばれます。

また右側の殻は通常白色で、左側の殻は通常褐色をしているのも特徴的です。

俗に「ホタテ貝」とも言われるが、異なる種類である。ホタテ貝イタヤガイ科二枚貝で殻の大きさは20cmほどにもなる大型の二枚貝である。

食用として多く漁獲されるが、養殖もされている。刺身にしたり、バター焼きスープなどにしたりて食べる。