さつま若しゃもとは?

さつま若しゃも”が誕生したのは昭和46年。翌年に開催された『太陽国体』で特産品として楽しんでもらおうと開発されました。いわば、鹿児島県の地鶏の先駆的存在です。安心安全で美味しい地鶏を、長年に渡って安定的に供給しています。

もちろん、父方は島津の殿様も愛した天然記念物“薩摩鶏”、母方にはホワイトプリマスロックが選ばれました

筋繊維が細かく、弾力と締まりに富み、適度な歯ごたえもある“さつま若しゃも”。保水性に富み脂肪が少ないことも特徴のひとつです。味は“まろやか”と表現されるほど優しい味わいで、子どもさんからご年配の方まで食べやすいと好評。

f:id:gourmetgourmetgourmet:20160812055003j:plain