親鶏とは?

親鳥とは若鶏が大きくなったものです。名前の通りですね。

卵を産んだことがある鳥のことを親鳥といいます。

近年では若鶏が主流となっているので、食べたことないかもという方もいらっしゃるかもしれませんね。

飼育日数は卵を産んだことがある分、若鶏より長くなっています。

鶏肉は飼育日数が長いほど旨味が増すと言われていますが、親鳥のほうがその分コストがかかり、目にする機会も少なくなっているのかもしれませんね。

また地域によっては、かしわを親鳥のことを指して呼びます。お肉の質としては固いです。

昔食べたという方もいるのではないでしょうか。そういった方には懐かしい味と思われるかもしれません。

味は長い飼育期間を経ていることから、食べれば食べるほどに味わいがある味のようです。