たらいうどんとは?

徳島県郷土料理。大釜(がま)でゆでたうどんを大きなたらい(はんぼ)にゆで汁ごと移し、大ぜいで食べるもので、いわゆる釜あげうどんの野趣に富む豪華版である。もともと農作業の昼食に野外でつくったといわれるうどんの食べ方だが、いまでは御所温泉(阿波(あわ)市宮川内)など、阿波市の旧土成(どなり)町地区の名物料理になっている。つけ汁は、吉野川で春にとれるジンソクという小魚をだしにしてつくる。小豆(しょうど)島(香川県)で行事のときなどにつくる「千本箸(せんぼんばし)」も、同じような食べ方をする。

f:id:gourmetgourmetgourmet:20160820214758p:plain