オレオとは?

オレオ (Oreo) は、モンデリーズ・インターナショナルの子会社であるナビスコが販売するサンドイッチ状のクッキー。白色の甘いクリームを、2つの円形をしたチョコレートクッキーで挟んである。

オレオは1912年の発売以来アメリカ合衆国でもっとも売れているクッキーとなっている。

アメリカでは、牛乳に浸して食べたり、クッキーを二枚に分離し、クリームをなめてからクッキーを食べるという食べ方がよく知られている。

日本においてはヤマザキナビスコ(現・ヤマザキビスケット)が製造販売を行っていたが、ライセンス契約の終了に伴い2016年9月からはモンデリーズ・ジャパンが販売を引き継ぐ。

 

基盤となるクッキー生地は、長さ300フィートオーブンの入口で回転式型抜き機によって円形のクッキーの形に成型される。 主な成分は、砂糖アメリカ合衆国では、後に高果糖コーンシロップに置き替えられた)、ダッチ・プロセスしたココアと、外部の供給元から購入された純粋なカカオマス、そしてナビスコの製粉所で製粉された小麦粉を含む。

f:id:gourmetgourmetgourmet:20160910150616p:plain