ロマネコンティとは?

ロマネ・コンティ: Romanée-conti)とは、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティDRC)社が単独所有するフランスブルゴーニュ地域圏コート=ドール県ヴォーヌ=ロマネ村に在る、約1.8ヘクタールアペラシオン・ドリジーヌ・コントロレヴォーヌ=ロマネAOC)におけるグラン・クリュ(特級格付け)のピノ・ノワール種のブドウ畑。または、その葡萄園から生産するブドウから造ったブルゴーニュワインである。

 

ワインの平均年産は、約6,000本程度(順調な年で7,000本程度、不調な年で4,000本程度)と極めて稀少性が高く、世界一高値で取引されるワインである。またその価格と稀少性の高さから、「飲むよりも語られる事の方が多いワイン」として、しばしば言及される。ロマネ・コンティは、どんなに安くても「1本30万円」は下らず、良作年の物は「1本100万円」を超える事もある。

f:id:gourmetgourmetgourmet:20160912174324p:plain