シュウェップスとは?

18世紀末にドイツ人の時計技師であり発明家のヨハン・ヤコブ・シュヴェッペ(Johann Jacob Schweppe)が炭酸ミネラルウォーターを製造する機械を開発し、1783年にジュネーヴシュウェップスを創業。その後事業拡大のため会社をロンドンに移転。
主な商品としては、ジンジャーエール(1870年)、ビター・レモン(1957年)、トニック・ウォーター(最古の清涼飲料水とも言われる・1771年)がある。
20世紀に登場した他のソフトドリンクメーカーの飲料よりも総じて炭酸は控えめとなっている。
世界各国への進出が行われているが、現在は国によって製造者は異なる。かつてキャドバリー社が元祖シュウェップス社と合併し「キャドバリー・シュウェップス(Cadbury Schweppes Plc)」(後にキャドバリー社に社名を戻す)となっていたが、アメリカ合衆国では、キャドバリー社からスピンオフした「ドクター・ペッパー・スナップル社(Dr Pepper Snapple Group)」が製造販売を担当している。
また、イギリス、アイルランド、ブラジル、香港、ニュージーランドルーマニア、日本では、コカ・コーラが製造・販売を担当している。また、ポーランドではペプシコ社が製造を担当している。

 

日本で最初にシュウェップスのライセンスを受けたのはアサヒビールで、1980年代にアサヒビールの清涼飲料ラインナップのひとつとして製造、発売されていた。1996年のアサヒ飲料発足後に伴うアサヒビールグループの事業再編により、1998年にUCC上島珈琲に販売権が移り、2000年11月からは日本コカ・コーラから販売されている。
日本では長らく「トニックウォーター」のみの販売となっていたが、2012年6月に「オランジーナ(日本ではサントリー食品インターナショナルが製造、サントリーフーズが販売)」の対抗商品として、レモン果汁入りの炭酸飲料「ブリティッシュ レモントニック」を発売。
本製品の発売をきっかけに日本での本格的な展開を始めるようになり、2013年4月には「ブリティッシュ レモントニック」を全面リニューアルした「ビターレモン」を、同年7月には「ブラッドオレンジ」を順次発売した。

f:id:gourmetgourmetgourmet:20160914141944p:plain

f:id:gourmetgourmetgourmet:20160914142048p:plain