みかんぶりとは?

愛媛県 農林水産研究所の「養殖博士」
 山本浩史さんが養殖した
みかんブリ』が、注目され始めているそうです。

みかんブリの養殖方法は、
みかんの皮を混ぜ込んだエサを、魚にあたえ続ける。」

たった それだけの事、なのですが、
みかんの味の成分である、リモネンが吸収され、
魚の脂身に浸透する事を、発見しました。

それを、
 商品化に成功するまでには、3年もかかったそうです。

凍ったみかんの皮を、ミンチ状にし、
 製造器で、従来の餌に混ぜて、加工します。

ここで大事なのが、みかんを配合する割合です。

 魚の状態によって、
10~20%の割合でみかんを混ぜるのですが、
 味がつきやすいエサの比率開発に、2年かかってしまいました。

 研究費は、3年間で 約2700万円費やしたそうです。

その結果 評判はかなり良く、
「年間で 5億円売れるヒット商品」となりました。

 

「そもそも、何故 みかん味の魚をつくったのか?」

そこには、日本が抱える大きな問題があります。

 魚大国と呼ばれた日本ですが、
 魚の消費量は、年々減少しています。

その ひとつの原因として、考えられるのが、
魚の持つ独特の生臭さがあります。

そこで、目をつけたのが、
みかんの産地、地元愛媛県で、
 大量に破棄される、みかんの皮だったのです。

みかんの皮を、研究したところ、
消臭効果のある成分が、豊富にあることがわかりました。

さらに、
みかんの皮を、エサに混ぜたところ、
もう一つ、効果がある事を発見しました。

みかんの皮には、
食物の劣化を防ぐ、抗酸化成分も多く含まれているため、
魚のおいしさが 長く保てる事がわかったのです。

通常の、ブリの刺身は、
約6時間ぐらいで、変色して痛んでしまいますが、
みかんブリの場合は、
2~3日ぐらいは、鮮度を保てるそうです。

こうしてつくられた「みかん味の魚」は、
「生臭くもなく、美味しさも長持ちします。」

f:id:gourmetgourmetgourmet:20160916142715j:plain

f:id:gourmetgourmetgourmet:20160916142748j:plain