トリプルセックとは?

比較的甘みを抑えたホワイトキュラソー。オレンジの香りが強く、アルコール度数は35~40度。◇1849年にフランスでフルーツを用いた蒸留酒の製造を始めたコアントロー兄弟が、甘みを抑えたホワイトキュラソーを考案し、ラベルに「3倍辛い」という意の「『トリプルセック』キュラソー」と銘打って販売、好評を博した。他社が追随して同様の商品を「トリプルセック」として販売したため、コアントロー社のものはこの文字を外して社名「コアントロー」を製品名とし、トリプルセックはこの種の酒をいう一般的な名称となった。

マリーフランソワーズ トリプルセック - ウインドウを閉じる

マリーフランソワーズ  トリプルセック