ベジブロスとは?

「ベジブロス」とは、いままでは捨てていた皮や根っこなどの“野菜の調理くず”からとる野菜の出汁(=ブロス)のことです。


「Whole Food」(ホールフード)という言葉をご存じですか?“まるごとの食べ物”という意味になりますが、正式には“ホールフード&ライフスタイル”というのだそうです。この中で重要な考え方が”野菜もまるごと食べていこう!”という動き。べジブロスはそう言った動きの中で生まれたようです。

ままでは捨てられていた、野菜の皮や根っこにこそ、老化や病気を防いでくれるフィトケミカルやミネラルがたくさん含まれています。

 

【材料】
野菜の切れ端(両手いっぱい)、水(1.3リットル)、酒(小1)

酒を入れる理由は、臭みが消え、旨みを引き出す効果があります!ないって人はそのままでも作れます。
野菜の切れ端は、たまねぎの皮や根、にんじんのへた、パセリの軸、しいたけのいしづき、えのき茸の根、ブロッコリーの芯、ピーマン、トマトのへたなど。

 

【作り方】
①鍋に水をはり、洗った野菜の切れ端を入れる。
②料理酒を加え、臭み消しにする。
③弱火で20~30分煮込む。(アクもとらないでOK)
④ざるなどで濾して完成!

 

f:id:gourmetgourmetgourmet:20161210122828p:plain