オアハカチーズとは?

メキシコ人なら誰でも一度は、オアハカのチーズを市場や露店で買って、細く裂いて食べたことがあるはずです。

オアハカのチーズは、昔ながらのケサディージャやタコス・ドラードスなどのメキシコ料理には欠かすことのできない食材で、様々な方法で料理されます。

オアハカのチーズは、スペイン植民地時代に、オアハカで生まれました。チーズ自体は、牛、ヤギ、ヒツジを連れてきたスペイン人によって、メキシコにもたらされたものですが、オアハカのチーズは、特別な方法で製造されるため、メキシコだけの特別なチーズと言えます。オアハカのチーズは、新鮮で柔らかく、ボールの形をしています。この形は、繊細な糸状のチーズを、ボール状になるまでぐるぐる巻きにして作られます。

このチーズは、味の素晴らしさもさることながら、低脂肪(約22%)でありながら高タンパク高カロリー(100gあたり300kcal)という、めずらしい栄養成分にも特徴があります。

オアハカのチーズが糸のように細く裂けるのはなぜか、疑問に思う人も多いでしょう。作り方は、実際には、いたって簡単です。一度凝結させたチーズをみじん切りにし、溶けて糸のように伸びるまで70~80度の熱いお湯をかけます。その後、固まらせるために冷水につけます。最後に、ぐるぐる巻いて、「チーズ・ボール」と称される丸い形を作ります。

f:id:gourmetgourmetgourmet:20161211210525p:plain