伊達の純粋赤豚とは?

「伊達の純粋赤豚」は、宮城県が開発したデュロック種の純粋豚である「しもふりレッド」を、純粋交配させた豚が伊豆沼農産指定農場によって生産されています。毛色は赤茶色をしているので赤豚と名付けられました。肉は淡いピンク色でやわらかく、旨みが強いのでソーセージでもしゃぶしゃぶでも堪能できます。

肥育前期から抗生物質・駆虫剤を使用せず、独自の指定配合飼料を使用しています。

さらに、究極のこだわりとして、出荷前に全頭検食をしています。この検査基準を満たさなければ、枝肉や精肉として出荷しません。

肉質はやわらかくジューシーなのが特徴です。また、脂肪のオレイン酸が多く、融点が低いため、なめらかな舌触りも特徴です。