金華豚とは?

読みは「きんかとん」。

中国浙江省金華市原産の豚の品種で、全身は白く、頭と尻のみ黒い体色が特徴。ハムなどの加工に適した品種で古くから飼育されてきた。ハムは金華ハムと呼ばれ世界三大ハムの一つである。

金華豚の豚肉は、他の豚にはない味・コク・香りを持っているといわれています。金華ハムが有名ですが、金華豚の旨みと舌触りはそのまま食べても十分美味しく食べられる上質なものです。

金華ハムを作る場合は特別な方法で育成します。麦やとうもろこしなどの穀物は一切与えずに、白菜やお茶の葉などといった野菜を発酵させて作ったエサだけを食べさせる方法です。この方法で育てられた金華豚は、皮が薄く余計な脂肪がつきにくいため小柄ですが、上質な加工用の肉質の豚になります。

平田牧場金華豚・純粋金華豚