カマルグ ペルルドセルとは?

天日で乾燥させたフランス産の海塩です。地中海をを望むローヌ河口のデルタ地方カマルグ西部にある塩田「エッグ・モルト」では、ローマ時代から塩の生産が行われてきました。カマルグ産の塩は水と土壌の性質がよいため精製していないのにもかかわらず美しい白色です。なかでも最初に塩田の表面に現れるペルルドセル(フルール・ド・セル、塩の花、塩の真珠)は高級品とされ、甘み、苦味、こくがあり、海の香りが残っているその繊細な結晶は料理の風味を際立たせます。

クリックすると新しいウィンドウで開きます