ワイルドペッパーとは?

ワイルドペッパーは、マダガスカル島の原生林で収穫されるとても貴重な野生の胡椒です。ブラックペッパーのような辛さはなく、 微かに山椒を想わせる繊細な香りが特徴です。フルーティでウッディなアロマは、肉・魚・野菜の美味しさを抑えることなく、料理の美味しさを引き立てます。
 
現地ではヴィチペリフェリ ペッパー(Voatsiperifery pepper)と呼ばれ、昔から貴重な漢方薬として使われていたそうです(Voatsiperifery:Voaマダガスカル語で果物、tsiperiferyは植物の名前)。
 
このユニークな胡椒の実は、マダガスカル照葉樹林帯にある10メートルから20メートルもの高さの木に生い茂るツルに実っています。収穫には、この巨木をよじ登り手摘みで行わなければならないので、とても危険で大変な労力を伴う作業です。その上、収穫後に乾燥・選別作業を行うために、収穫量の10分の1しか商品として流通されません。

ワイルドペッパーが脚光を浴びるようになったのは、2000年代初めの頃です。他の胡椒にはない香りは、一線で活躍するフランス料理のシェフがこぞって使うようになりました。

「ワイルドペッパー」の画像検索結果