テフとは?

テフ (teff, Eragrostis tef) はイネ科スズメガヤ属の植物である。主にエチオピアで栽培され、主食に供される。

 

利用方法は、石臼で挽いて製粉し、水を加えてゆるい生地にする。これを3日ほど室温で乳酸菌発酵させ、蓋付きの土鍋でパンケーキ状に焼いた薄焼きのパンにする。これがインジェラで、エチオピアにおける主食である。食べる際は皿に広げたインジェラにカレー状の煮込み料理「ワット」(肉や野菜をスパイスやヨーグルトで煮込んだもの)を乗せ、ふろしきのように包んで口に運ぶ。

重曹で膨らませたパンケーキやホットケーキ、イースト醗酵させたパンとは違い、乳酸菌による醗酵のため、独特の酸味がある。

小麦と違いグルテン分がないため、小麦アレルギーの人が食する場合もある。

f:id:gourmetgourmetgourmet:20161220105418j:image