女乃酪とは?

作り方は、現代のとはちょっと違い、濁り酒(どぶろく)などのお酒と牛乳を混ぜて発酵させたものを食べていました。この宮廷で食べられていたデザートを現代風にアレンジしたものを宮廷ヨーグルト「女乃(ナイ)酪」と呼んでいます。

実際に食べてみると、とろんとした食感、ほのかに感じるお酒の味わい、香り、そしてさっぱりチーズの後味と不思議な味わい。お酒の味わいといってもほんのちょっと香りづけ程度なので、お酒が苦手な人でも問題なく食べられます。

f:id:gourmetgourmetgourmet:20161222131406j:image