バニラビーンズとは?

アイスクリームやプリンに欠かせない、甘い「バニラ」の香りをつける材料として、すっかりおなじみの「バニラビーンズ」。プリンだけでなく、パウンドケーキやシフォンケーキなどの焼菓子や、紅茶、ミルクなど飲み物にも幅広く使われている、甘いスパイスです。ラン科の植物の一種で、さや状の果実であるバニラビーンズは、収穫されたばかりの状態では、ほとんど香りがありません。丁寧にゆっくり時間をかけて発酵させることにより、あの独特の甘い香りが生まれます。お菓子作りに使用するときは、黒くて細い棒状の「さや」の中に詰まっている小さな種(ビーンズ)を取り出して、使用します。プリンの生地に入っている小さな黒いつぶつぶの正体が、このバニラビーンズです。


一方、バニラエッセンスやオイル、バニラエキストラクトは、アルコールやオイルに、このバニラビーンズを漬け込み、香り高いエキスを抽出したものです。スーパーなどでも手に入りやすいエッセンスやオイルは、合成バニリンと呼ばれる人工的に作られたバニラの香りを付けたもので、お手頃な価格で販売されています。どれも使いやすい液体状で、保存もしやすく、手軽に使うことができますが、特にプリンやアイスクリームなど、本来のバニラの香りを求めるなら、やはりバニラビーンズそのものがおすすめ。プロのパティシエは、産地にこだわって品種を使い分けているというほど、お菓子の仕上がりに違いが出るスパイスなのです。マダガスカルインドネシアタヒチ、メキシコなどが主な産地ですが、同じバニラでも産地により香りや特徴が大きく異なります。

f:id:gourmetgourmetgourmet:20161227175303j:image