クリガニとは?

クリガニは、毛ガニの仲間です。毛ガニと比べると少しサイズが小さめであり、甲羅を上から見ると栗の形をしていることから、この名がつけられました。
北海道の根室よりも北の地域が主な生息地であり、毛ガニほど漁獲量は多くありません。しかし特に希少価値がつくこともなく、市場では毛ガニより安い価格で販売されているケースがほとんどです。サイズによっては1杯1,000円以下で販売されていることもあり、その安さによってクリガニを選ぶといった方も多いようです。
甲羅の中の身と、カニ味噌の量が多いことが特徴ですが、脚には毛ガニほど身が詰まっていません。また、他のカニと比べると比較的殻が柔らかく、身を取り出しやすいというメリットがあります。
北海道や青森など、国内でも北の地域でしかあまり販売されていないカニです。関東以南ではほとんど販売されていないため、地域限定の名物のような扱いを受けています。

クリガニは、茹でガニにして食べるのが一般的な食べ方といわれています。
また、クリガニの味噌は香りも味も濃厚であることから、クリガニは味噌汁や鍋などにもよく使用されます。焼きガニや刺身などで食べられるケースは少ないです。
また、クリガニはカニの中でも珍しく「殻」も食べられる部位に含まれています。北海道の一部地域ではパリパリにした殻を食べることが一般的であり、香ばしさがあって美味といわれています。しっかりと火が通っていれば味噌汁や鍋でも殻を食べることができます。

クリガニはカニの中では比較的マイナーな部類ではありますが、味も毛ガニなどに比べて大きく落ちるわけではないため、「量を食べたい方」にとってはピッタリなカニともいわれています。

f:id:gourmetgourmetgourmet:20161231142120j:image