エイブルスキーバーとは?

球形をした甘みのあるデンマークの伝統料理。

材料は、パンケーキやポップオーバーとほぼ同じであり、パンケーキのように表面は焼き目が付き固いものの、ポップオーバーのように軽くふわふわしている。

エイブルスキーバーを作る際は通常小麦粉を用い、これにバターミルク、牛乳もしくは生クリーム、鶏卵、砂糖、塩一摘みを加えて混ぜる。また、この他にもバターなどの油脂やカルダモン、レモンピールを風味付けに使用することがある。膨張剤としてベーキングパウダーを使用することが多いが、イーストを加える事もある。

エイブルスキーバーを調理する際は油を塗った専用のパンに生地を流し込み、串やフォークで回転させながら球形になるように焼いていく。

エイブルスキーバー自体は甘くないものの、伝統的にラズベリー、イチゴ、クロスグリブラックベリーのジャムや粉砂糖をふりかけて甘い味付けをして供される。

f:id:gourmetgourmetgourmet:20170104233045j:image