ひっぱりだこ飯とは?

1998年、明石海峡大橋の完成を記念して発売されて以来、ロングセラーを続ける名物駅弁。陶製の容器は蛸漁で使われる蛸壺を模したもので、タコのうま煮、アナゴしぐれ煮、タケノコ煮、菜の花などが入る。タコ明石海峡近海でとれた希少な「明石だこ」と呼ばれる真だこを使用。

その下に詰めた炊き込みご飯は自家製の特製スープで炊き上げており、もっちりとした米粒にはスープの味が良く馴染み、風味・食感共に素晴らしい。ご飯の中にはタコのすり身で作ったタコ天がしのばせてある。価格は1000円。

f:id:gourmetgourmetgourmet:20170112083700j:image

f:id:gourmetgourmetgourmet:20170112083704j:image