読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国焼肉とは?

鉄板のうえで豚肉をハサミで切り、キムチやにんにく、味噌と一緒にサンチュやエゴマの葉で巻いて食べるヘルシーなサムギョプサルが主流の焼肉。

日本で「焼肉屋」というと、カルビ、ロース、牛タンなどを焼いて食べるお店を意味しますが、韓国ではカルビ、サムギョッサル、テジカルビ、ヤンコッチャンなど、それぞれの専門店を総称して"コギチッ(肉屋)"というのが一般的。カルビやロースなどの牛焼肉専門店はピンキリあるけれど全体的に高級イメージ、また懐を痛めずにたくさん食べられるのがサムギョッサルやテジカルビなどの豚焼肉専門店。さらに鶏やアヒルの焼肉メニューもあり。

韓国料理人気ナンバー1メニューのカルビは、韓国では一般的にカルビ=骨付きカルビのことで、生で食べるセンカルビと甘めの味付けダレに漬けたヤンニョムカルビ(味付けカルビ)の2種類あり。

醤油ベースの甘いタレに漬け込んだ薄切り肉を、お山のようなこんもり鍋で焼いて食べるジューシーなお肉メニュー、プルコギ!辛くない甘めの味付けが外国人にも人気で、よく知られている料理です。またこのスタンダードなプルコギの他にも、薄いく切って味付けしたお肉を網を使って炭火で焼く、「光陽(クァンヤン)式」や「温陽(オニャン)式」のプルコギのもあり。

 

f:id:gourmetgourmetgourmet:20170218002651j:image

韓国のカルビ

f:id:gourmetgourmetgourmet:20170218002706j:image

プルコギ