読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミクソロジーとは?@Pen 第21巻4号

「ミクソロジー」とは、フュージョン料理の技術的なトレンドを取り入れ、フルーツや野菜、ハーブ、スパイス等の新鮮な素材をスピリッツなどと組み合わせたカクテルメイキングの手法。

つまり「ミクソロジーカクテル」とは、
従来のカクテルを作る際に使うリキュールやフレーバーシロップを一切使わずに、新鮮なフルーツや野菜、ハーブやスパイスをスピリッツと呼ばれる蒸留酒と組み合わせて作るカクテルのこと。
素材そのもののうまみを極限まで引き出せるカクテルと言われている。

ちなみに、「ミクソロジー(mixology)」の語源は、混ぜるを意味するmixと、科学・学問を意味する〜ologyを組み合わせた造語。また、ミクソロジーカクテルを作るバーテンダーを「ミクソロジスト(mixologist)」と呼ぶのだそう。

「ミクソロジーカクテル」の最大の魅力は、その見た目にあり。
ドライアイスや炎などを使い、「味」だけではなく「見た目」にもとことんこだわっているから面白い。

f:id:gourmetgourmetgourmet:20170218130943j:image

レモングラスのミクソロジーのカクテル