読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホワイトリカーとは?

ホワイトリカーとは、製糖残渣の廃糖蜜を発酵させ、連続式蒸留器で得たエタノールに加水し、36%未満とした日本の酒税法における甲類焼酎を指す。無色透明で香りやクセも無く、純粋なアルコール水溶液に近い。

もっぱら梅酒などの果実酒(リキュール)や、チューハイなど風味付けアルコール飲料の原材料として利用される。「ホワイトリカー」として販売される甲類焼酎の場合、いずれの用途においても高いアルコール度数が有利なことから(果実酒のエキス分浸出にはアルコール濃度が高い方が有利であり、またチューハイなど単純飲用ベースならアルコール度数は高い方がコストが安い)、市場では、法律上の上限一杯の35%で販売される製品が多い。

f:id:gourmetgourmetgourmet:20170221224919j:image