カシャッサとは?

サトウキビを原料として作られる、ブラジル原産の蒸留酒ピンガとも呼ばれる。

世界で第2番目に多く消費される蒸留酒。ブラジル全土で生産されている。

なお、同じくサトウキビを原料とする西インド諸島原産のラム酒とは同類系統の蒸留酒であり、広義ではラム酒の仲間とされる。

サトウキビの搾り汁を加水せず直接発酵、蒸留を行って作り、48%のアルコール分になるまで発酵させ、その後アルコール分が39%辺りになるまで、芳香成分と香りを残しながら調整する。

f:id:gourmetgourmetgourmet:20170223235924j:image